ホーム > よくあるご質問

よくあるご質問

Q. 不動産の仲介手数料はいくらかかるの?

A. 売買契約の媒介の場合

物件価格が、200万円以下の場合 物件価格 × 5%
物件価格が、200万円超~400万円以下の場合 物件価格 × 4% + 2万円
物件価格が、400万円超の場合 物件価格 × 3% + 6万円

 

例えば1000万円の中古マンションを売買した場合…

1000万円 × 3% + 6万円 = 36万円になります。

なお仲介手数料には別途消費税が課税されます。

Q. 不動産を売却する際の諸費用は?

A. 主なものは以下のとおりです。必要な諸費用は、物件により異なりますので詳細についてはご相談ください。

仲介手数料 「不動産の仲介手数料はいくらかかるの?」をご覧ください。
抵当権等抹消費用 抵当権等が設定されている場合
印紙代

売却物件に買主様が決定し売買契約する際に必要になります。
(印紙代は売買契約の価格により異なります)

測量代 敷地の境界が不明確で境界標の設置が必要な場合
建物解体費用 土地の売却で、古家があり更地にして引き渡す場合

 

Q. 不動産の売却を依頼する際に準備しておく書類等はありますか?

A.下記表の書類が必要になります。

権利証 所有不動産の内容の確認、および所有権移転登記時に必要になります。
固定資産税の納税通知書 固定資産税・都市計画税の年税額確認のため。
建築確認済証及び検査済証 お持ちの場合はご提示下さい。
土地測量図面 お持ちの場合はご提示下さい。
管理規約・使用細則 マンションをご所有の方でマンション管理会社から配布されているもの。
ローン返済予定表 ローン利用中の場合、金融機関から配布されているもの。
管理費等の明細 マンションをご所有の方で月々お支払いされている管理費等の明細書

 

Q. 査定をお願いすると、売らないといけないのですか?

A. その様なことはございません。ご売却はあくまでもお客様のご判断となりますので、お気軽にご相談ください。

Q. 例えば、自宅に住みながら売却はできますか?

A. もちろん可能ですのでご安心ください。

Q. できるだけ近所に知られずに売却することはできますか?

A. 物件の所在、写真を掲載せずに広告販売活動をさせていただきます。

Q. 少しでも高く売却したいのですが・・・。

A. 広く多くの広告販売活動をおこない購入希望者を募る事で高く売却できる可能性が高まります。

Q. チラシ、住宅情報雑誌等での広告には、別途費用が必要ですか?

A. 当社が負担いたします。

Q. 売買契約の流れはどのようなものですか?

A.下記のような流れとなります。

  • 1.お問い合わせ
  • 2.ご案内
  • 3.お申し込み
  • 4.重要事項説明
  • 5.売買契約の締結
  • 6.住宅ローン申し込み
  • 7.住宅ローン借入の契約
  • 8.残金決済・引き渡し
  • 9.引越

土地・住宅取得の流れをご覧ください。

Q. 重要事項説明とはどのようなものですか?

A. 売買契約の際買主に対して宅地建物主任者が契約よりも前に物件の取り扱いについての重要事項を書面にて説明することです。

Q. ローン特約とは何ですか?

A. 金融機関やローン会社からの融資を前提として不動産を購入する際に予定していたローンが不成立になった場合、売買契約を白紙に戻すことができるという契約です。

Q. 買換え特約とは何ですか?

A. 所有する不動産の売却資金を新規物件の購入に充てるという契約をした場合所有物件の売却ができなかった場合の為に「新規物件の契約を白紙に戻すことができ売主は受け取った金額を返してもらえる」という条項を契約に入れておくことです。

Q. 広告を出している不動産会社しか物件を紹介できないの?

A. ご紹介可能です。ほとんどの情報を不動産会社が共有しています。

Q. 他社で紹介された(他のホームページに載っていた)物件ですがお取り扱いできますか?

A. もちろん中には当社で残念ながらご紹介できない物件がある場合もございますが不動産情報は色々な業者が扱えますので当社を選んでいただけるよう、親切丁寧な接客を心掛けておりますのでよろしくお願いいたします。

Q. 物件価格以外に費用はいくらかかるの?

A. 登記費用、住宅ローンを借入するならばその費用、固定資産税、都市計画税、火災保険、仲介手数料、印紙代等、新築、中古(築年数によって異なる)で変わります。
およそ物件価格の7~10%、ローンの借り入れがない場合は5%となります。

Q. 頭金が無くても住宅を購入できるの?

A. できます。住宅と諸費用を合わせて借りることができます。
ただし、物件によっては、手付金相当はご用意していただかなければならない場合もございます。

Q. 住宅ローンっていくらまで借りられるの?

A. ご年齢、勤続年数、年収により借入額は異なります。年間の返済額が年収の35%くらいまでが目安です。